新潟の家には新潟で育った木を。
株式会社さくら住宅
titile_1

家とは、気候や風土に適した材料でつくることがもっとも大切です。 木材は再生できる資源なので、上手に生かして使い続けることで、大切な地域環境を守ることができます。 さくら住宅では耐久性の面から輸入材を使用しておりません。 全て国産材を使用、しかも県産材の越後杉にこだわり「にいがたの家にはにいがたで育った木を」を実現しています。 新潟で気候風土に鍛えられて育つ木は、高温多湿、多雪な新潟の暮らしに最も適しています。

さくら住宅では、材木の買い付けから施工まで一貫したオール自社作業のシステムに加えて、「越後杉」のブランド認定工場となっていますので安心した家づくりができます。

コンクリートや鉄とは違い、森林は再生できる資源。 上手に生かして使い続けることで、大切な地域の環境を守ることができます。 木の良さやパワーを紹介しましょう。

高い耐震性を発揮

国の高い耐震基準をクリアした工法なのでしっかりとした強さを発揮し、高い耐震性も発揮します。

火や水にも強い

一定の太さのある木材は、燃えると炭化し燃え尽きるまで時間がかかります。床上浸水しても掃除したらリフォームが不要だったと言われます。

夏に涼しく、冬暖かい

木の家には断熱性があり、一年を通じ快適に暮らすことができます。

家の中で森林浴

木を多用した空間では森にいるようなリラックスした効果が得られるといわれています。

健康的に長生きを

マウス実験で木製とコンクリートのケージで飼った場合木製の方が長生きするという結果が得られました。

天然の抗菌力で
ダニにも強い

木材には調湿作用があり、細菌類の繁殖を防ぐ成分も含んでいるため室内を衛生的に保ちます。

紫外線や音を吸収

木は光の反射を和らげたり、音もほどよく吸収するため快適な住空間を作り出せます。

ホルムアルデヒドを
吸い取る

家具などに使われる接着剤や塗料が空気を汚すことでアレルギーを引き起こし、たびたび問題となっています。しかし木は有害成分を吸い取る働きがあります。

耐久性の面を考えて、すべて国産材を使用し、しかも県産材の越後杉にこだわった「新潟の家には新潟で育った木を」を実現しています。
「家族ものがたり」は地域の優良材である越後杉をふんだんに使い、気候風土にあった伝統工法でつくられる木造住宅です。 高級住宅でしか実現できなかった最高の素材・工法・品質・設計を低価格でご提案します。
さくら住宅では品質の向上及び安定を計るため、建築においてもっとも重要である構造躯体の基礎工事、大工工事の施工体制から完成までを一貫した責任施工を行っています。
さくら住宅では行き届いたアフターサービスをセットして、自然素材の家をより安心してお住まいいただける体制で建築させていただきます。
さくら住宅ならではの安心 - コンセプト

さくら住宅では、県産材を使用し、それぞれの住空間にあったオリジナルの家具や建具を制作します。
柱や床とともに経年変化する木材を楽しめます。

コンセプト コンセプト コンセプト
コンセプト

永く住む家だからしっかり建てて、安心して暮らしたい。
さくら住宅では、ご相談からお引き渡し、
アフターケアまで住まいづくりをしっかりサポートします。

コンセプト

コンセプトの詳細 - コンセプト

施工実績

越後杉を使ってコースターを作ってみました・・・
施工実績
見附市 M様邸  新築工事
施工実績

広々としたリビングダイニングには和室を設け、建具を開放すれば畳コーナーとして、閉めれば客間として用途に応じて使用できます。収納スペースも多く・・・

続きを読む

長岡市(旧栃尾)H様
施工実績

30坪以下ながらも、リビングダイニングには吹き抜けを設け、開放感のある広々とした空間に。

続きを読む

燕市N様邸  新築工事
施工実績

適材適所。さくら住宅らしい杉フローリングの他に玄関には桜、1階トイレには栗のフローリングを使用。

続きを読む

施工実績

ただいま施工中

本社見学会

本社見学会

県産杉の丸太で購入し、自社で製材・乾燥・加工と一貫体制で、構造材や仕上げ材を生産しています。
杉ブランド材が出来るまでを随時見学できます。

丸太 - 作業紹介 製材 - 作業紹介 釜入 - 作業紹介 手刻み - 作業紹介

本社見学会

さくら通信 Vol.130
2017-01-27
最新号
さくら通信 Vol.128
2017-01-27
さくら通信 Vol.127
2017-01-27

さくら通信

さくら通信

会社概要

代表取締役 長谷川 和栄 - 会社概要
代表者挨拶 - 会社概要
さくら住宅のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 弊社がかねてより取り組んで参りました、自然素材(特に、地域材である県産杉)を使い、職人の技による家づくりも、ここに来て一定の評価を得るところまでになりました。 これもひとえにお客様のおかげと感謝しております。
しかし、これで満足するものではありません 若い職人大工の育成をはじめ家づくりに対し、変えてはいけないもの、変化し続けなければいけないもの、そのどちらも見極めて、より「さくら住宅」らしさを追求してまいりますので、今後とも、よろしくお願い申し上げます。
代表取締役 長谷川 和栄 - 会社概要
会社概要 会社概要 会社概要 会社概要
新潟の家には新潟で育った木を。